中国人はオカルト好き? -神野正史「世界史劇場 正史三國志」の中で感じたこと

今、神野正史氏の「世界史劇場 正史三國志」を読んでいる。

 

世界史劇場 正史三国志

世界史劇場 正史三国志

 

 

相変わらず神野先生のこのシリーズは面白い!

物語を読んでいるかのようにすらすら読めるというのもあるが、地図上に示した行軍の流れだったり、数字で示す兵数や金額といったデータが、歴史への理解を深めてくれるので素晴らしい。

 

今作も面白く読んでいる中で、ある解説に目が止まった。

演義』では「呂蒙曹操関羽によって呪い殺された」というオカルティックな設定を採用しています。『演義』は「多少の演出はあったとしても史実を元にした」というところに醍醐味があるのに、このオカルト描写のせいで一気に「ウソくさい」「安っぽい」「陳腐」になってしまうため、総じて日本人には不評で、二次創作ではたいていカットされます。ところが、民族の価値観の違いか、中国人はむしろこうしたオカルト描写を喜びます。 (本書 p.317)

この解説を読んで、「あ、やっぱり中国人ってオカルト好きなの?」と感じたのだ。

というのも、前に「義和団民話集」という本を読んだことがあるのだが、結構オカルティックな展開や描写が多かった。

 

義和団民話集―中国の口承文芸1 (東洋文庫 244 中国の口承文芸 1)

義和団民話集―中国の口承文芸1 (東洋文庫 244 中国の口承文芸 1)

 

 

内容は正確には覚えていないのだが、確か「西洋人にひどい目にあわされている中で、俺TUEE系みたいな不思議なチカラを持った青年がバッタバッタと西洋人をやっつける」的な話とかがあった気がする。

 

あと、ずっと前に読んだ「義和団事件風雲録」では、演義関羽西遊記孫悟空が人民の中で神格化されていたという話があったはず。

義和団事件風雲録―ペリオの見た北京 (あじあブックス)

義和団事件風雲録―ペリオの見た北京 (あじあブックス)

 

 

やはり”黄巾の乱”などの宗教反乱が帝国瓦解の前兆になるだけあって、中国人はオカルト系の話が好きなのかな?

日本人との民族的な違いを考える上で、すごく興味深い。

黄巾の乱 - Wikipedia

書評「新訳 フランス革命の省察 保守主義の父 かく語りき」

 「保守」という言葉がある。

 どんな言葉か、大辞林を調べてみた。

①古くからの習慣・制度・考え方などを尊重し、急激な改革に反対すること。 ↔ 革新
②正常な状態を保ち守ること。 「 -点検」 「人の品行を-し/西国立志編 正直」

 言葉の意味など辞書を読めば、ほぼ一発で解決できる。

 しかし、なぜかこの言葉を経済的な姿勢の問題と絡めて誤って説明したり、権力側が保守であるなんてトンチンカンな言説が飛び交っていたりする。

 どこぞの国の岩盤規制破壊ドリル首相は「私は保守だ」なんて言っているらしいが、私の感覚から言えば「どこかやねん!」と思わず関西弁で叫んでしまうぐらいおかしなことだ。

 しかし、ここで疑問が湧き上がる。

 では真の「保守」とは何ぞや?

 この答えを知るために、巷では「保守主義聖典」なんて呼ばれている本を読んだ。

「新訳 フランス革命省察 保守主義の父 かく語りき」である。

 

 

  • 仕組みを破壊すりゃいいというもんじゃない
  • 保守とは”変えないこと”ではない
  • 人権という爆弾
  • 世論って本当に正しいですか?
  • まとめ
続きを読む

正しい左翼と右翼の意味って何だろな

最近(というか割と前から?)、左翼と右翼という言葉が正しい意味で使われてない気がする。

一般的にはどういう意味で通っているのか気になったので、大辞林を引いてみた。

左翼:(フランス革命時、国民公会で急進派のジャコバン派が議長席から見て左側に座ったことから)急進的・革命的な政治勢力や人物。ことに、社会主義的または共産主義的傾向の人や団体。

右翼:(フランス革命における国民公会で議長席から見て右側に保守派のジロンド派が座ったことから)保守的・国粋主義的思想傾向。また、その立場に立つ人や団体。

この意味を見て感じたのは、フランス革命に関する解説がついていながら、「ことに」と付けて左翼=社会主義共産主義に限定するかのような解説が続くことへの違和感だ。

 

大辞林の解説の通り、この言葉が生まれたのはフランス革命の時期だ。

フランス革命 - Wikipedia

フランス革命

 

王政を廃止すべきだと主張した人たちが、議長席から見て左側。

王政を続けていくべきだと主張した人たちが、議長席から見て右側。

 

これらの位置関係から、

自由や平等を重んじ、それらを邪魔する制度や慣習を廃しようとするのが左翼。

伝統や歴史を重んじ、そこから生まれた制度や慣習を尊重するのが右翼。

と呼ばれることになる。

 

これらの分け方は今日も変わらないと思っている。

つまり、あの有名なスローガン「自由・平等・友愛」の概念をことさら信仰し、改革を推し進めようとする勢力が左翼だ。

だから、自由主義だって左翼だし、自由大好きなアメリカだって左翼的だ。

しかし、日本だと社会主義を標榜する組織が猛威を奮ったこともあって、左翼=社会主義共産主義と思っている人が多い気がする。

 

続きを読む

普通二輪MT教習 15~17日目

いよいよ待ちに待った卒業試験。
もうガクガクです。卒業とついてるだけで何か緊張します。

www.rms.co.jp

続きを読む

普通二輪MT教習 11~14日目

さて、次は5、6時間目。

これまでの2段階の教習は、自動的に次に進めるものでしたが、ここから教官の”みきわめ”で合格する必要があります。

5時間目も6時間目もすることは同じで、コース走行(Aコース、Bコース)と課題(坂道発進スラローム一本橋急制動)です。

教習が始まると、コース走行か課題をやるように指示されます。その日によって、どちらから始まるかが変わります。(参加人数とかが関係してるのでしょうか?)

コース走行(もしくは課題)を一定回数こなすと、教官からに課題(もしくはコース走行)に移るように指示されます。

 

www.rms.co.jp

 

続きを読む

普通二輪MT教習 9~10日目

いよいよ第2段階です。

1時間目と2時間目は、それぞれAコース、Bコースと呼ばれるコースを覚えます。

今までのバイク操作に加え、信号はどうなっているかや、交差点での他のバイクとのやり取り、交差点の真ん中で止まるような事態にならないかどうかなど、様々なことに気を配らなければなりません。

 特にウインカーに注意!切り替え忘れるからね!

www.rms.co.jp

続きを読む

普通二輪MT教習 5~8日目:クランク地獄

技術教習 第1段階も後半戦。

シミュ教習の後はAT教習でした。

始まる前は、200ccくらいかな-と思っていたんですが、何と400cc!!!

ATの400ccって初めて触りましたけど、これが重い!

みんなあれを軽々操作してるのかよ!って思いました。

かつ、MTと違ってスピード調整がしずらい!

正直今後ATに乗るかは分からないですね-。

www.rms.co.jp

さて、バイクの乗り方や扱い方にも慣れてきて、次は少し応用的な教習に入ります。

続きを読む