読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通二輪MT教習 15~17日目

いよいよ待ちに待った卒業試験。
もうガクガクです。卒業とついてるだけで何か緊張します。

www.rms.co.jp

 

卒業試験の流れとしては、
1.プロテクターをつけて準備(このとき、ホワイトボードに各自の番号が貼り出されているので、その番号のゼッケンを着る)
2.教官から試験の説明と走行の際のポイントの教示
3.ホワイトボードに書かれた4、5人くらいのグループに分かれ、教官による運転免許証の確認
4.順番にコース走行、課題(坂道発進スラローム一本橋急制動
5.走行終了後、プロテクターを外し、本館に移動
6.ディスプレイに結果が表示されるまで待機
といった感じです。

 

コースはA,Bがあり、試験日当日に決定します。
ホワイトボードに貼り出されているので、確認した後、プロテクターを装着してる間とかにイメージトレーニングするといいでしょう。

 

さて、ド緊張の状態で卒業試験に挑みました。
イメージトレーニング通り、コースを進んでいき、このままクリア。
のはずが、クランクで転倒!
緊張のあまり、ギアをサードまで上げてエンジンをかけすぎたようです。
(くっ、またお前か!クランク!)
もう不合格だというのは分かってましたが、試験は最後まで続くので、失意の中走りきりました。

 

卒業試験で不合格になると、補修が1時間入ります。
クランクに対して気合いを入れて練習したのは言うまでもありません。

そして、気合いを入れ直して、再度卒業試験に挑戦!
今度はすいすいとクランクを突破!その後のコースも何とかクリア!
これは合格しただろうという自信を持って、本館で結果が発表されるのを待ちます。
そして、結果発表の時間。
結果は……無事、合格!
冷静を装っていましたが、心の中では大喝采でした。

 

合格後は3階の教室にて卒業式です。
まあ卒業式といっても、大がかりなものというわけでなく、免許証交付・更新の説明と証明書の受け渡しが主です。
証明書は合格決定後に作り始めるので、受験者が多い場合は時間がかかるそうな。

 

いやー無事終わりました。
最初は自分にバイク操縦なんてできるんだろうか?なんて思いましたが、何とかやりきりました。
少しずつ自分の思い通りにバイクが動いてくれて、走るのが楽しくなってきたのを思い出します。
今度は広い道路を思い切り駆け抜けたい!
でも、いきなりの車道走行は怖いので、少しずつ慣れていこうと思いますw